読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

内野聖陽の『ハムレット』

2017年の花見は

とにかく疲れました。マーラーの6番。

東京都写真美術館で『映画 冥途の飛脚』。最低!

恵比寿ガーデンシネマで『フェリーニの道化師』を観た!

岩波ホールで、『家族の肖像』を観た!

久しぶりの文楽 『冥途の飛脚』

朝、むかつくマンションの管理組合理事会があり、 そのムカムカを振り払おうと、半蔵門の国立劇場に向かった。 悲しい物語を、太三味線と、思い入れタップリの太夫の声で語られると、 カタルシスで、スッキリするだろうと、いそいそ向かった。 若いころ、文…

期待外れの『クラナッハ展』

クラナッハ。 ボクは、クラーナハという文字面で記憶していた。 「ッ」の促音のイメージより、「-」の棒引きの見た目のほうが、この画家の画風には、似合っていると、勝手に思うのだが。。。。。 実は、ボク、この画家のことが、高校生の頃から気になってい…

母を失った、2度目の正月

洗足学園音楽大学の『大峡谷』

井上道義のパフォーマンスたっぷりの『大渓谷』は、まあ、よかった。 演奏に感動ってより、井上道義の指揮の動きに感心した。 演奏は、洗足学園音楽大学。 同日の演奏、井上良和指揮、東邦音大の『英雄』は、16小節ぐらいで眠ってしまったので、良し悪しは…

子供騙しの『五日物語』

東京芸術大学の『シュスタコーヴィッチ8番』

東京芸術大学の『シェスタコーヴィッチ 8番』は、よかった。 ボクは、無類のシャエスタコ贔屓なのだ。『 弦楽四重奏8番』『ヴァイオリン協奏曲1番』『ムチェンス郡のマクベス婦人』『交響曲9番 15番』などが、大好きである。 そんな中でも飛びぬけて好…

ブリテン『ベニスに死す』 160

アッシェンバッハ…ハンス・シェプフリン 旅人、他………スコット・ヘンドリックス アポロの声…………………カルロス・メナ 旅行窓口の英国人受付…リー・メルローズ ヴェネツィアのガイド…リー・メルローズ タジオ………………………ウリ・キルシュ 物乞いの女…クラウディア・シ…

やっと観た『日本のいちばん長い日』

『日本のいちばん長い日』の昔の映画を、なんとなくいい映画だったような、と記憶していた。もう一回、観てみたい。 新しい『日本のいちばん長い日』を観た。 もう少し、整然と流れが理解できるように構成して欲しかった。 画像は申し分ない。綺麗だった。 …

『アルタセルセ』 159

レオナルド ヴィンチ アルタセルセ ㊚ フィリップ・ジャルスキー CTマンダーネ ㊛ マックス・エマニュエル・チェンチッチ CTアルバーチェ ㊚ フランコ・ファジョーリ CTセミーラ ㊛ ヴェラール・バルナ=サバドゥス CTメガビーゼ ㊚ ユーリィ・ミネンコ CTア…

『インテルメッゾ』 158

2016年 6月 20日鑑賞 ハンニー・シュテフェク - Hanny Steffek (ソプラノ) ヘルマン・プライ - Hermann Prey (バス・バリトン) アニー・フェルベルマイヤー - Anny Felbermayer (ソプラノ) フェリー・グルーバー - Ferry Gruber (テノール) アルフレ…

マイヤーの『トリスタンとイゾルデ』 157

157、2016年6月21日 ジョン・フレデリック・ウェスト(トリスタン) ヴァルトラウト・マイヤー(イゾルデ) クルト・モル(マルケ王) ベルント・ヴァイクル(クルヴェナール) マルヤナ・リポヴシェク(ブランゲーネ)、他 バイエルン国立歌劇場…

久々の能鑑賞『小鍛冶』2016/6/15

能「小鍛冶」は祝言性の高い切能の傑作である。わかりやすい筋書きに沿って、動きのある舞が華やかな舞台効果を作り上げる。囃子方と謡も軽快でリズミカルだ。全曲を通じて観客を飽きさせることがなく、現在でも人気曲の一つとなっている。始めて能を見る人…

黛の『金閣寺』 156

作曲:黛 敏郎原作:三島由紀夫台本:クラウス・H・ヘンネベルグ原語:ドイツ語演出:ヴィンフリート・バウェルンファイント(ベルリン・ドイツ・オペラ歌劇場 第一演出家)1997年11月29日(土)18:00開演 大阪音楽大学カレッジ・オペラハウス 指揮:…

カラヴァッジョを見に行った

デレク・ジャーマンの映画で、ガラヴァッジョの名を知った。 今から25年前のことだ。 正直、当時、ボクのオツムは、あの巣晴らし映画を消化することが、できなかった。 閑話休題。 (本物が来ていることを信じての話だが)実物のガラヴァッジョを目の当た…

白鳥の湖 見比べ

なんと、『白鳥の湖』の初演は、失敗に終わった。 1877年、モスクワのボリショイ劇場でのことだ。 成功を収めたのは、1894年ペテルブルクのマリインスキー劇場での、チャイコフスキー追悼公演であった。 レフ・イワーノフ振付演出の第2幕のみが上演され、始…

大河ドラマ 『吉宗』

吉宗が将軍になるまでは、よかった。 西田より、綱吉を役った津川雅彦の存在感、これが圧倒的であった。

久々にオペラ ラフマニノフ『アレコ』 ベルク:歌劇『ヴォツェック』全曲 154 155

久々に、オペラを見た。 まず、ラフマニノフの『アレコ』を鑑賞した。 しかし、中途半端なオペラであった。『エフゲニー オネーギン』に似ていたが、非。 ラフマニノフ20歳の若年作品であるからかもしれないが、チャイコフスキーとの力量の差が歴然。 ただ…

大昔の大河ドラマ 2本

『国取り物語』昔の役者の演技、またドラマの演出。今の、それが目に慣れているので、稚拙に見える。ただ、昔の役者は、物凄い癖がある。アクが強いのだ。存在感があると言えば、それ、だぁ。 『樅の木は残った』面白くない。

デレク ジャーマン

デレク ジャーマンの映画。 この監督の名前を耳にするだけで、29歳の頃のボクに戻る。 確か、19歳の東大生と付き合っていたなぁ。 一番面白かったと記憶している『エダワード2世』は今回、観れなかった。 『カラヴァッジョ』は。 今回、改めて観たが、…

大河ドラマ

『北条時宗』和泉元彌が嫌いなので、見ることを避けていた。やはり、好きになれなかった。下手だしね。まあ、この『北条時宗』に出ていた頃は、そこそこ、一生懸命さもあり、今ほど嫌悪感はおきなかったけど。 ただ、ドラマ自体はよかった。鎌倉中期の幕府の…

『黄金の日々』で感じた歌舞伎役者の演技

僕が観た中での話だが、歌舞伎役者がドラマや映画で、ナチュラルな演技をしようとしても、どうしても、梨園の変な癖が出る場合が多い。 そんな中で、割と、歌舞伎臭を出さないのが、市川海老蔵、先日他界した坂東三津五郎、片岡仁左衛門。この辺りかなぁ〜。…

ちょっと、中途半端な映画であった『刺青』。

増村保造監督の作品。 この映画は、谷崎の短編小説『刺青』と中編『お艶殺し』を織り交ぜての、ストーリーであった。 厳しく言えば、「うぅぅ〜」だが、まあまあ悪くはない。 文化文政期の雰囲気が細かく描かれていた。 ただ、化粧が今ひとつであった。 これ…

結構きつい風邪をもらった!

「風邪をひいた」とは、言わず、「もらった」と言うのは、気の強いオネエ根性丸出しで、気に入っている表現である。 「もらった」風邪も、ひと段落。 そして建国記念日の今日、 汗っぽい病み上がりのベタベタする身体を起して、古い映画を観た。 衣笠貞之助…

『弱法師(よろほし)』を観る 2015/2/4

ここ最近、『能楽』に魅かれていて、何かと動画を観ている。 さて、本日、国立能楽堂で、蝋燭の灯りによる上演があると言うことで、早速、仕事帰りによった。 一番安い席、中脇席の最後部座席で、観た。 実は、蝋燭の灯りによる能楽は二度目。 前回の演目は…

麺を、啜るな!

ボクは、あの麺を啜る音が、大嫌いなのだ。 驚異的! 老いも若きも、あんなゾゾォ〜、とする音をたてて、もう我慢の限界。 今も、近くで、あの暴力的な下品な音をたてながら、蕎麦を食べている青年がいる。 ルックスは、悪くないのだが、許せない! 日本独特…

大好きな室町時代。そして、ドラマ『花の乱』。

いよいよ『花の乱』。 数少ないと言うか、ひょっとして唯一の、本格的な室町時代のドラマである。 室町時代、大好きなんだよね。 男色全盛の時代であることが、理由ではないんだよ。 何て言うか、室町風俗や、その気分も大好き。 いいドラマだったが、登場人…

割と有意義な、日曜日でした。

朝から、セーターなんかの、毛玉取りをやった。 セーターがリフレッシュして、気持ちいい。 毛玉を取りながら、映画を2本観た。 『白鯨』と『新悪名』 『白鯨』は、古い映画だが、カメラがよかった。 『新悪名』は、時間つぶしであった。 午後、銀座松屋に…

そう言えば、2014年の12月中ごろ、最低な映画を2本観た。

『のぼうの城』と、『火天の城』を観た。 ヒューマニズム、それも安っぽいヒューマニズムにまとめる手法が、今はウケるのかもしれない。が、いただけない。 実に、面白くない。 不快なぐらいだ。

寺山修司、懐かしい!

高校生の時、故郷の町の、その隣の隣の町に、よく遊びに行っていた。 気の利いたモノは、その町でしか手に入らなかった。 その町は、その地域の中心地であった。 その町の、どこの本屋であったかまでは、覚えていない。 店頭に、『寺山修司 天井桟敷』の写真…

新春

岡山の実家にて、 老母と、小津の『浮草』を観る。 小津の画像美のこだわりを、母に少し説明した。 なんとなく、分かってくれたようだ。 母と一緒に、男女の愛欲の縺れを観ることが辛い。 母から、不意打ちの問いがあったら、どうしようかと、 ドギマギする。…

2014年度の後半は 川端康成に浸った。

川端文学は、僕個人の思いでは、 高校生の頃の、いささか病的な、痛んだ心の琴線に、 よく和して響きあっていた世界だなぁ〜、となる。 あの頃は、川端の幻想的な映像世界に惑溺していただけだった。 が、今となれば、登場人物の、屈折した気持ちや行動を、…

2014年 大晦日

実家の母のもとで、今年も大晦日を迎えた。 中年、いや初老に近づいた息子でも、 手元でゴロゴロしているだけで、母性は活き活きと蘇るものだなぁと、 老母を見ていて、そんなふうに、思う。 そんな大晦日。 ものすごいヒマ。 中央公論の『日本の歴史Ⅰ』を読…

感動した名優、また名演技。 常に更新します。

ボクが観たなかで、気に入った演技を下に挙げますね。 演技ですからね。役者そものもではないですからね。間違わないでね。 嵌り役であっただけ、あるいは、偶々まぐれ、ってこと、よくありますからね。 1、映画 『恍惚の人』浦辺粂子 『どん底』山田五十鈴…

『風林火山』で、信玄の信濃攻略を勉強中

信玄の、信濃攻略については、よく理解できた。 ドラマだからしかたないが、家庭愛やら夫婦愛やらが、現代感覚で描かれ、そのシーンが、ダラダラ続くのを見続けるのは、面倒くさい。

『砂の器』は、いい映画です。

いい映画だが、推理の展開、例えて言えば、細かい裏付けの実証性などに、 やや、やっつけ仕事を感じる。 まま、 それは映画の責任ではなく、 松本清張の作品にはありがちの誤魔化しの責任である。 でも、いい映画だ。 ラストの、『現在この病気は・・・・・・』の…

小津の作品を少し鑑賞

新藤兼人の、『小津を称賛するドキュメンタリー』を観たら、 無性に小津の作品が観たくなった。 そこで、3本。

『七人の侍』より、『デルス・ウザーラ』の方が、いいかも

どちらにしても、そんなにいい映画ではない、 けどね。 『七人の侍』のどこがいいのだろう。

田中絹代は、いいねえ〜。

特に、水商売の女の演技がいい。 大根かと思っていたが、なかなかどうして。 細かいコダワリがあって、絹代の演技は、クセになる。

暇さえあれば、大河ドラマ

『毛利元就』は、原作(永井路子)演出(内館牧子)ともに女性であったためか、 男女、特に夫婦愛の描き方が、しつこかった。 中村橋之助の演技は、成駒屋そのもので、 戦国武将を、歌舞伎風でごまかした感じがした。 橋之助は、歯並びが悪いためか、不快感…

暇さえあれば大河ドラマ

『天地人』。 長尾家から上杉家への移行状況が理解できた。 越後の国人との闘争をもっと描いて欲しかった。 『独眼流政宗』で期待したのは、奥州大名との駆け引きであったが、その内容は、消化不良の感がする。

暇があれば『大河ドラマ』

『大河ドラマ』は、テレビドラマとしては、完成度が高いので、観るに堪えないといったものは、少ないと思います。 気まぐれな体質のボクなので、『大河ドラマ』をリアルタイムに放送していたとき、それを観たいと、必ずしも思う訳ではないのです。 面倒に思…

何だか、飽きてきたし、空虚と孤独!

ボクは、割と、凝り性である。 自分なりに満足でききるまで、徹底して物事を追及しようとする、(ボクから見れば)悪質な面を持っている。 性急に、集中して、興味を持った対象にぶつかる。 であるから、対象のおぼろげな全体像を把握するのに、そんなに時間…

晩年のゲイの独り言 おセックスの話 その3

おセックスの話を、今度記載するときは、実際、おセックスをやった後にしようと思っていた。っで、やっと、記録することが出来る。 久しぶりに、『ウリ専』で買い物をした。 それも、相当腰が重く面倒と思いつつの買い物だった。 この面倒さの感覚と、おセッ…

ヴィスコンティーの粘着テープ 『熊座の淡き星影』

『熊座の淡き星影』を鑑賞した。 ヴィスコンティーの、映像の特徴の一つに、これぞと言った人物の顔のドアップがある。だれでも、かれでも、アップするのではない。 これぞと言った人物だけを、メリハリつけてアップし、それをストーリーの流れのアクセント…