読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

完全完璧なバロック舞台の再現、『カドミュスとエルミオーヌ Cadmus et Hermione』 140

『カドミュスとエルミオーネ』2013/9/18 初演1673年 ジャン・バティスト・リュリ Jean-Baptiste Lully(仏1632-1687・伊出身 指揮:ヴァンサン・デュメストル 演奏:ル・ポエム・アルモニーク 舞台監督/バンジャマン・ラザール 舞踏振り付け/ギ…

ヴェルサイユの精華 リュリの『アティス』 139

初演:1676年1月10日 サン・ジェルマン・アン・レイ宮殿(パリ) ジャン・バティスト・リュリ Jean-Baptiste Lully(仏1632-1687・伊出身)台本:フィリップ・キノー指揮:ウィリアム・クリスティ 演奏レザール・フロリサン(フランス・バロックの音楽の魅力…