読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

大河ドラマ 『吉宗』

吉宗が将軍になるまでは、よかった。 西田より、綱吉を役った津川雅彦の存在感、これが圧倒的であった。

大河ドラマ

『北条時宗』和泉元彌が嫌いなので、見ることを避けていた。やはり、好きになれなかった。下手だしね。まあ、この『北条時宗』に出ていた頃は、そこそこ、一生懸命さもあり、今ほど嫌悪感はおきなかったけど。 ただ、ドラマ自体はよかった。鎌倉中期の幕府の…

『黄金の日々』で感じた歌舞伎役者の演技

僕が観た中での話だが、歌舞伎役者がドラマや映画で、ナチュラルな演技をしようとしても、どうしても、梨園の変な癖が出る場合が多い。 そんな中で、割と、歌舞伎臭を出さないのが、市川海老蔵、先日他界した坂東三津五郎、片岡仁左衛門。この辺りかなぁ〜。…

大好きな室町時代。そして、ドラマ『花の乱』。

いよいよ『花の乱』。 数少ないと言うか、ひょっとして唯一の、本格的な室町時代のドラマである。 室町時代、大好きなんだよね。 男色全盛の時代であることが、理由ではないんだよ。 何て言うか、室町風俗や、その気分も大好き。 いいドラマだったが、登場人…

『風林火山』で、信玄の信濃攻略を勉強中

信玄の、信濃攻略については、よく理解できた。 ドラマだからしかたないが、家庭愛やら夫婦愛やらが、現代感覚で描かれ、そのシーンが、ダラダラ続くのを見続けるのは、面倒くさい。

暇さえあれば、大河ドラマ

『毛利元就』は、原作(永井路子)演出(内館牧子)ともに女性であったためか、 男女、特に夫婦愛の描き方が、しつこかった。 中村橋之助の演技は、成駒屋そのもので、 戦国武将を、歌舞伎風でごまかした感じがした。 橋之助は、歯並びが悪いためか、不快感…

暇さえあれば大河ドラマ

『天地人』。 長尾家から上杉家への移行状況が理解できた。 越後の国人との闘争をもっと描いて欲しかった。 『独眼流政宗』で期待したのは、奥州大名との駆け引きであったが、その内容は、消化不良の感がする。

暇があれば『大河ドラマ』

『大河ドラマ』は、テレビドラマとしては、完成度が高いので、観るに堪えないといったものは、少ないと思います。 気まぐれな体質のボクなので、『大河ドラマ』をリアルタイムに放送していたとき、それを観たいと、必ずしも思う訳ではないのです。 面倒に思…

2013年 12月に観た映画

その昔、『木下恵介アワー』という番組がありました。 木下恵介プロディース一時間ものドラマです。 物凄い幼子であったボクには、死ぬほど退屈な番組でした。 その印象があってか、木下恵介には、いいイメージがなかったのです。 が、たまたま先月に見た『…