読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

『ビリー・バッド』 映画版 27

27、『ビリー・バッド』 2013/2/6~8 1951年初演 38歳

ベンジャミン・ブリテン(1913~1976)
ロンドン交響楽団 指揮:チャールズ・マッケラス 1966年、BBCスタジオ収録
艦長: ピーター・ピアーズ(テノール) ビリー・バッド: ピーター・グロソップ(バリトン) 
マイケル・ラングドン(バス) ジョン・シャーリー=カーク(バス) ベンジャミン・ラクソン(バリトン

f:id:azaz11:20160617060619j:plain

最初はいいかと思ったが、だんだん飽きてきた感じであった。
女性の声が無いせいか、舞台に変化がないためか、見たものが白黒であったためか、よく分からないが。
何かの評論にあったが、映画的なオペラである。白黒であったこともあってセルゲイ・エイゼンシュタインの「戦艦ポチョムキン」のようだった。

ブリテンのオペラは、20世紀的というか、やはり映画的である。
ただし、舞台でもいい感じになるとは思うが。
ブリテンは、20世紀最高の作曲家の一人であったと、このごろ気がついた。