読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ウェールズ・ナショナル・オペラ  『ペリアスとメリザンド』 31

 

31、『ペリアスとメリザンド』  2013/2/14~15  1902年初演  40歳

クロード・ドビッシー(1862~1918)
指揮:ピエール・ブーレーズ ウェールズ・ナショナル・オペラ管弦楽団 演出:ペーター・シュタイン
メリザンド…アリスン・ハーグレイ(S) ペレアス…ニール・アーチャ(T) ゴロー…ドナルド・マクスウェル(Br)
アルケル…ケニス・コックス(Bs) ジュヌヴィエーヴ…ペネロープ・ウォーカー(A) イニョルド…サミエル・バーキー(S)

医者/羊飼い…ピーター・マッソーキ(Bs)
【 収録:1992年3月 カーディフ・ニューシアター】

f:id:azaz11:20160617055719j:plain

見ました。ドビッシィーの音でした。ボヤーとして、靄にけむるあの独特の音です。悪くはないですが、よくもない。
ドビッシーなら、演出はこうなるしかないであろう。好きな演出ではないが。