読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ボローニャ歌劇場 『清教徒』 33

33、『清教徒』   2013/2/18~19  1835年初演 34歳 

ベルリーニ OR ベッリーニ(1801-1835)
ミケーレ・マリオッティ(指揮) ボローニャ歌劇場管弦楽団&合唱団 演出:ピエルルイジ・ピエラッリ
収録場所:ボローニャ市立劇場(ライヴ)  収録時期:2009年1月
フアン・ディエゴ・フローレステノール:アルトゥーロ) ニノ・マチャイゼ(ソプラノ:エルヴィーラ)
イルデブランド・ダルカンジェロ(バス:ジョルジョ) ウーゴ・グアリアルド (バス:グァルティエーロ)
ガブリエレ・ヴィヴィアーニ(バリトン:リッカルド) ジャンルーカ・フローリス(テノール:ブルーノ)
ナディア・ピラッツィーニ(メゾ・ソプラノ:エンリケッタ)

f:id:azaz11:20160617055440j:plain

ヴェルディの先輩って感じであった。特に三幕は、ヴェルディにインスピレーションを与えそうな要素がいっぱいあった。
出だしから中間にかけてはよかったのだが、最後のほうがいま一つ。
「狂乱の場」は、最高であった。エルヴィーラが登場前に袖で唄う曲。素晴らしい。狂気の雰囲気がタップリで、ベルリーニは天才なのだと実感した。袖で唄う曲としては『カバレリア ルスティカーナ』の最初のトゥリッドゥのシチリアーナと双璧ではないだろうか!

「狂乱の場」が、本当に凄い。演出はよかった。
ファン・ディエゴ・フローレスと、ニノ・マチャイゼの熱演がよかった。