読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ドミンゴ 『リゴレット』 映画版 40

40、『リゴレット』  2013/3/4 ~ 5   1851年 初演 38歳

ジョゼッペ・ヴェルディ(1813~1901)
指揮:ズービン・メータ  監督:マルコ・ベロッキオ(イタリア マントヴァ近辺 ビビエーナ学術劇場 ライブ・フィルム)
イタリア国立放送交響楽団  ソリスティ・カントーリ合唱団
リゴレットプラシド・ドミンゴ  ジルダ:ユーリア・ノヴィコヴァ  マントヴァ公爵:ヴィットリオ・グリゴーロ
マッダレーナ:ニーノ・スルグラジェ  スパラフチレ:ルッジェーロ・ライモンディ  ジョヴァンナ:カテリーナ・ディ・トンノ

モンテローネ伯爵:ジャンフランコ・モントレゾール  マルーロ:ジョルジョ・カオドゥーロ
ボルサ:レオナルド・コルテルラッツィ  チェプラーノ伯爵:ジョルジョ・ガッティ  チェプラーノ伯爵夫人:カッサンドラ・ディモプル

公爵夫人の小姓:マリアム・バッティステルリ

f:id:azaz11:20160616061317j:plain

f:id:azaz11:20160616061331j:plain

バレッタ様式なので、『オテロ』や『ドン・カルロ』のような統一感がないが、よかった。
ストーリーがいまいちだが、名作だけに音楽が良かった。でも、ヴェルディは晩年のほうがいいね。
ウン・チャカ・チャ・チャだったが、そんなに耳につかなかった。