読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

コヴェント・ガーデン 『トスカ』 48

48、『トスカ』   2013/3/13~14     初演 1900年 42歳

プッチーニ(1858~1924)
このオペラの原作は、フランスの劇作家サルドゥの戯曲で、不世出の名女優といわれた、サラ・ベルナールのために書かれたのだった。劇の方は5幕から成る大作だったが、オペラ化に際してジャコーザとイルリカは、台本を3幕に短縮するのに大変苦労したという。全体はアクションの多い、また劇的な起伏に富んだ物語で、確かにジャコーザのいうように、詩情にはいささか乏しいかも知れないが、トスカとカヴァラドッシの純愛もあり、それにスカルピアの横恋慕が加わり、その上殺人と銃殺刑まで描かれるのだから、そのストーリーの多彩さは尋常ではない。そして最後の幕ではスカルピアも、カヴァラドッシも、さらにはトスカも、すべての主要人物が死に絶えるという、何とも残忍非情な結末をむかえるが、これはヴェリズモ(現実主義)・オペラの影響によるものだといっていい。スリルとサスペンス一杯の傑作といえよう。

コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団&合唱団  アントニオ・パッパーノ(指揮)  演出:ジョナサン・ケント
デザイン:ポール・ブラウン  照明:マーク・ヘンダーソン
トスカ:アンジェラ・ゲオルギュー(ソプラノ)  カヴァラドッシ:ヨナス・カウフマンテノール
スカルピア:ブリン・ターフェルバリトン)  堂守:ジェレミー・ホワイト(バリトン)  アンジェロッティ:ルカス・ヤコブスキ(バス)

スポレッタ:ヒューバート・フランシス(テノール)  羊飼いの少年:ウィリアム・ペインボーイ・ソプラノ
収録時期:2011年7月  収録場所:ロンドン、コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ライヴ)

f:id:azaz11:20160616055145j:plain

安心した。プッチーニは、やはり、いい。やはりいいから、安心したわけです。
音楽に満ち満ちている緊張感もいい。ドラマもいい。やはり、オペラは音楽劇だから、あまりにストーリーが複雑になると、何がなんだか、分からなくなってしまう。

アンジェラ・ゲオルギューは、少しおばさん過ぎる。もう少し、若々しく化粧とか、衣装とかで、誤魔化すことが出来なかったのか!ヨナス・カウフマンはよかった。

舞台と演出はよかった。絵画のマグダラのマリアは、もう少し上手く描いていたほうがいいよ。

f:id:azaz11:20141207172307j:plain