読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

トリノ王立劇場  『ボリス・ゴドゥノフ』 75

 75、『ボリス・ゴドゥノフ』 2013年 4月 23日 
1874年1月24日ペテルブルク・マリンスキー劇場 初演 35歳

ムソルグスキー1839-1881)
トリノ王立劇場管弦楽団&合唱団  ジャナンドレア・ノセダ(指揮)  演出:アンドレイ・コンチャロフスキー
収録時期:2010年10月7日、10日、13日  収録場所:トリノ王立劇場(レージョ劇場) のライヴ
ボリス:オルリン・アナスタソフ  クセーニャ:アレッサンドラ・マリアネッリ  フョードル:パヴェル・ズボフ
グリゴリー(偽ドミトリー):イアン・ストーリー  ピーメン:ウラディーミル・ヴァネーエフ
シュイスキー公爵:ピーター・ブロンダー  アンドレイ・シチェルカーロフ:ヴァシリー・ラデュク 
ヴァルラーム:ウラディーミル・マトーリン  ミサイール:ルカ・カサリン

f:id:azaz11:20160615054223j:plain

f:id:azaz11:20160615054210j:plain
いいオペラでした。
またいい舞台・演出でした。
ロシアのオペラは、チャイコフスキーもそうであるが、重苦しさがある。案外これが、ボクには心地いい。19世紀末~20世紀初頭のドイツものより、よっぽどいい。アカぬけないけど。