読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ズービン・メータ  『トゥーランドット』 78

78、『トゥーランドット』 2013年 4月 28日   1926年 初演 死後

ジャコモ・プッチーニ(1858~1924)
ズービン・メータ指揮 フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団&合唱団 
チャン・イーモウ演出  1998年9月 北京・紫禁城におけるライブ映像 
トゥーランドット:ジョヴァンナ・カゾッラ  カラフ:セルゲイ・ラーリン
リュウバルバラフリットーリ ティムール:カルロ・コロンバーラ

f:id:azaz11:20160615053644j:plain f:id:azaz11:20160615053655j:plain
演出は、ままよかったと思う。
化粧はいやだ。西洋人が東洋人の化粧をしたら、腹話術の人形、あるいは菊人形のようで気持ち悪い。
音楽は言うに及ばずの名作。オペラに、文句はないです。
ただ、メータが、歌手も真っ青の趣で、「待ってました!」
の期待があるのかないのか、舞台から何度も出てくるのには、ゲンナリ。指揮者として恥ずかしくないのか!