読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

サイモン・ラトル  『子供と魔法』 80

80、『子供と魔法』 2013年4月 29日     1925年 初演 50歳

モーリス・ラヴェル1875-1937)
指揮:サイモン・ラトル     ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団
演出:フランク・コルサロ 装置:モーリス・センダック 映像:ロナルド・チェイス 収録:1987年9月グライドボーン・フェステバル

子供:シンシア・ビュシャン 母親:フィオナ・キム 黒猫:マルコム・ウォーカー 肘掛け椅子:フランソワ・ルー
お姫様:ハロライン・ブラックウェル
これはいいオペラであった。音のヴァリエーション豊かさにおいても、話の展開においても、メリハリがキッチリあり気に入りました。

おもちゃや、動物、植物が、歌を唄う発想が素敵であった。

本も、オペラに適していた。ラヴェルのよさが発揮できる内容であった。
演出もよかった。

f:id:azaz11:20130811170407j:plain