読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

『アポロとヒュアキントス Apollo et Hyacinthus』 82

82、『アポロとヒュアキントスApollo et Hyacinthus 』 2013年5月8日 

1767年5月13日ザルツブルク大学初演

ヴォルフガング・アマデウスモーツアルト(1756~1791)
モーツァルト11歳の作品。最初のオペラ「第1戒律の責務」K.35の初演(1767年3月12日)直後に作曲にとりかかり、同年5月に初演された。

テルツ少年合唱団 
メイア:アラン・ベルギウス
ボーイソプラノを満喫できるオペラでした。子供が作ったオペラとしては、らしくて、いい。
こんなオペラもあっていいと思う。これをモーツアルトは11歳でかいた(本当かいな、お父さんにも手伝ってもらっただろう)のだから、少し驚き。でも、自分も11歳を経験しているので、良くわかるが、センスがよかったら、充分書けるよ、11歳で。