読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

メトロ  『イドメネオ Idomeneo 』 83

83、『イドメネオ』 2013年 5月 10日 初演:1781年1月29日ミュンヘン宮廷歌劇場  25歳

ヴォルフガング・アマデウスモーツアルト(1756~1791)
メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団  ジェームズ・レヴァイン(指揮) 演出・衣装・装置:ジャン=ピエール・ポネル
映像監督:ブライアン・ラージ  収録:1982年11月6日 メトロポリタン歌劇場[ライヴ]
ルチアーノ・パヴァロッティT:イドメネオ)  ヒルデガルト・ベーレンス(S:エレットラ)  イレアナ・コトルバス(S:イリア)

フレデリカ・フォン・シュターデM:イダマンテ)  ジョン・アレクザンダー(T:アルバーチェ) 
ティモシー・ジェンキンズ(B:祭司長)  リチャード・J.クラーク(B:神の声)
最初、全く期待市内で観始めたのであるが、これがなかなか、素晴らしいオペラで、感動しております。
ストーリーは、いまひとつどころか、まったくダメであるが、音楽が素晴らしい。特に歌手の技巧を見せるためのオペラの要素が強く、それが、全体に緊張感を与えていて、ラストのエレクトラ(ヒルデガルト・ベーレンス)が、すさまじい歌唱力・演技力・ルックスで、最高であった。『コジ・ファン・トゥッテ』や、『皇帝ティートの慈悲』『魔笛』などよりいいと思った。

f:id:azaz11:20130811162653j:plain