読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ベルリン・ドイツ・オペラ  『リエンツィ 最後の護民官』 84

84、『リエンツィ 最後の護民官』 2013年5月12日 
初演:ドレスデンザクセン宮廷歌劇場/1842年10月20 日  29歳

リヒャルト・ヴァーグナー1813~1883)
ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団&合唱団 セバスティアン・ラング=レッシング(指揮) 演出:フィリップ・シュテルツル
装置:ウルリケ・ジークリスト、フィリップ・シュテルツル収録時期:2010年1月、2月  収録場所:ベルリン・ドイツ・オペラ(ライヴ)

リエンツィ:トルステン・ケルル イレーネ:カミラ・ニールンド ステファノ・コロンナ:アンテ・イェルクニカ
アドリアーノ:ケイト・アルドリッヒ パオロ・オルジーニ:クシシュトフ・シュマンスキ 法王の特使:レヌス・カリソン
バロンチェッリ:クレメンス・ビーバー チェッコ・デル・ヴェッキオ:スティーヴン・ブロン
このオペラのオリジナルは、6時間にも及ぶ大作らしい。
序曲は、有名で、よく知っていたが、やっとオペラそのものを観ることが出来た。
見たものはマフィアに乗ったられたローマの設定らしい。字幕がないので、オペラをどう料理しているものか、つかみきれない。
自分はマフィアよりも、ナチスの臭いを強烈に感じていた。読み替え演出は嫌いではあるのだけど、まま飽きなかった。

f:id:azaz11:20130811162534j:plain