読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

フィレンツェ歌劇場  『タンクレディー Tancredi フェラーラ版』 93

93、『タンクレディー フェラーラ版』 2013年 5月 23日~24日
初演:1813年2月6日ヴェネツィアフェニーチェ劇場 21歳

ジョアキーノ・ロッシーニ(1792~1868)
リッカルド・フリッツァ(指揮) フィレンツェ五月祭管弦楽団&合唱団  収録時期:2005年10月21日
収録場所:フィレンツェ歌劇場(ライヴ)
ダニエラ・バルチェッローナ(タンクレディ)  ラウル・ヒメネス(アルジーリオ)  マルコ・スポッティ(オルバッツァーノ)

ダリナ・タコヴァ(アメナイーデ)  バルバラ・ディ・カストリ(イザウラ)  ニコラ・マルケジーニ(ロッジェーロ)
 
若きロッシーニ出世作ロッシーニの伝記を書いた文豪スタンダールは、この作品をロッシーニの傑作として讃え続けた。
王子タンクレディは、低音の女性歌手(コントラアルト~メゾソプラノ)が務める。
目出度く終わるヴェネツィア版と悲劇的結末のフェラーラ版の両方が存在。
気がつかず、二度目の鑑賞。前の演出のほうがよかったと思ったが、雰囲気はこちらのほうがよかった。
低音の女性歌手(コントラアルト~メゾソプラノ)が、前ほどいやではなかったが、全体的には、やはり好きなオペラではなかった。