読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

メトロポリタン 『オテロ』  98

98、『オテロ』  
1887年初演 74歳 「オテロ」はヴェルディの最晩年の作品。完成まで15 年の年月があったという。

ジョゼッペ・ヴェルディ(1813~1901)
指揮:セミヨン・ピシュコフ 演出:エライジャ・モシンスキー  2012.10.27. メトロポリタン歌劇場上演
オテロ:ヨハン・ポータ(テノール) デスデモナ:ルネ・フレミング(ソプラノ)  イアーゴ:ファルク:シュトルックマン(バリトン

カッシオ:マイケル・ファビアーノテノール) 
レミングの存在感が凄かった。3幕のフレミングは、特に素晴らしい。
ヨハン・ポータは、以前観たドミンゴに比べると、劣る。ドミンゴがどれだけ凄いか、良くわかる。
舞台、演出、どちらもよかった。

f:id:azaz11:20130811161215j:plain