読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

パリ・オペラ座  『利口な女狐の物語』  100

100、『利口な女狐の物語』  2013/6/2   初演:1924年11月6日、ブルノ、国立劇場

レオシュ・ヤナーチェク(1854~1928)
デニス・ラッセル・デイヴィス(指揮) パリ・オペラ座管弦楽団 パリ・オペラ座アトリエ・リリク合唱団  オー=ド=セーヌ聖歌隊

パリ・オペラ座児童合唱団 パリ、バスティーユ劇場 2008年10月23,29日、11月4日
エレナ・ツァラゴワ(S 女狐ビストロウシカ)  ユッカ・ラジライネン(Bs 森番)  ミシェル・ラグランジュ(S 森番の妻,フクロウ)

デイヴィッド・キューブラー(T 校長)  ローラント・ブラハト(Bs 牧師)  ポール・ゲイ(Bs-Br ハラシタ)
ハナ・エステル・ミヌティルロ(Ms 雄狐)
まあなぁ。『死の家から』のほうが、いい。類似のオペラでいうと、ラベルの『子供と魔法』のほうがいい。

f:id:azaz11:20130729061621j:plain