読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

レオ・ヌッチ  『リゴレット』 107

107、『リゴレット』  2013/6/13   1851年 初演 38歳

ジョゼッペ・ヴェルディ(1813~1901)
ネッロ・サンティ(指揮) チューリヒ歌劇場管弦楽団&合唱団
演出:ジルベール・デフロ  装置:ウィリアム・オルランディ  照明:ユルゲン・ホフマン
収録時期:2006年  収録場所:チューリヒ歌劇場(ライヴ)
リゴレット:レオ・ヌッチ(バリトン)  ジルダ:エレナ・モシュク(ソプラノ) 
マントヴァ公爵:ピョートル・ベチャワ(テノール
レオ・ヌッチの声には、ドミンゴパヴァロッティに比べるとパンチはないが、不気味さの漂わせ方が上手い。
とくに、死んだはずの公爵の歌声に、ギョオっとするあたりは、絶妙。エレナ・モシュクも、ピョートル・ベチャワも、どちらもよかった。

f:id:azaz11:20130729061031j:plain