読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

レオ・ヌッチ   『マクベス』  104

104、『マクベス』 2013/6/17~18  1847年作 34歳   1865年改訂 52歳

ジョゼッペ・ヴェルディ(1813~1901)
パルマ・レッジョ劇場管弦楽団&合唱団  ブルーノ・バルトレッティ(指揮)  演出:リリアーナ・カヴァーニ
装置:ダンテ・フェレッティ  衣装:アルベルト・ヴェルソ  照明:セルジョ・ロッシ  振付:アメーデオ・アモーディオ
レオ・ヌッチ(Br マクベス)  シルヴィー・ヴァレル(S マクベス夫人)  エンリーコ・イオーリ(Bs バンコ)
ロベルト・イウリアーノ(T マクドゥフ)  ニコラ・パスコーリ(T マルコム)  エンリーコ・トゥルコ(Bs 医師)
ティツィアーナ・トラモンティMs マクベス夫人の侍女)  ダヴィデ・ロンツォーニ(Bs 使者
リッカルド・ディ・ステーファノ(Bs 従者)  ノリス・ボルゴジェッリ(Bs 刺客)
レオ・ヌッチは、気の弱そうな男を、雰囲気よく演じている。
演出は、普通である。舞台は平面的。狭いせいもあるのかもしれない。
人物の登場の仕方が、古臭い。
シルヴィー・ヴァレルは、声が不安定でパンチがない。容貌はいいのであるが。
リッカルド・シャイー(指揮) レオ・ヌッチ(マクベス)  シャーリー・ヴァーレット(マクベス夫人)のほうがよかった。
やはりマクベスが殺される前後におもしろさがない。魔女のシーンをもっと削って、充実させるべきであったかも。
魔女の合唱は、清冽すぎる。

f:id:azaz11:20130729060910j:plain