読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ウィーン国立歌劇場  『愛の妙薬』 47

47、『愛の妙薬』     2013/3/13   初演 1832年  35歳

ドニゼッティ1797~1848)
ウィーン国立歌劇場ビューネ管弦楽団  ウィーン国立歌劇場管弦楽団&合唱団  アルフレート・エシュヴェ(指揮)
演出:オットー・シェンク
アディーナ:アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)  ネモリーノ:ロランド・ヴィラゾン(テナー)  ベルコーレ:レオ・ヌッチ(バリトン

ドゥルカマーラ:イルデブランド・ダルカンジェロ(バス)  ジャンネッタ:インナ・ロス(ソプラノ)
収録:2005年4月、ウィーン国立歌劇場[ライヴ]

f:id:azaz11:20141207171641j:plain

ストーリーはいま一。
やはり喜劇は自分的にはシックリしない。