読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ジョーン・アンダーソン 『ノルマ』 114

114、『ノルマ』   2013/7/19      初演:1831年12月26日ミラノ・スカラ座

ヴィンチェンツォ・ベッリーニ (伊1801-1835)
指揮:ファビオ・ビオンディエウローパ・ガランテ/ 合唱指揮:マルティノ・ファッジャーニ / 合唱:ヴェルディ・フェスティバル合唱団/演出:ロベルト・アンド / 装置:ジョヴァンニ・カルルッチョ / 衣装:ナナ・レッキ / 照明:グイド・レヴィ  2001年3月7日パルマ王立劇場(テアトロ・レージョ)におけるライヴ。

ノルマ:ジューン・アンダーソン / アダルジーザ:ダニエラ・バルチェッローナ / ポリオーネ:シン・ヨン・フン / オロヴェーゾ:イルダール・アブドラザコフ / クロティルデ:スヴェトラーナ・イグナトヴィチ / フラーヴィオ:レオナルド・メラーニ

ノルマを歌う歌手さえよければ、プリマさえよければ、それで合格のオペラではある。そう言う意味では、ジョーン・アンダーソンがよかったので、このオペラとしては満足しなければならない部類の舞台であった。

しかし、変なストーリーである。ノルマは、ただのふしだらな女なのに、どうして、このように叙情的に美化されるのか。

f:id:azaz11:20130721081912j:plain