読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

『ルチア Lucia di Lammermoor』  118

118、『ルチア Lucia di Lammermoor』   2013/7/31 
初演:1835年9月26日ナポリサン・カルロ劇場

ガエターノ・ドニゼッティ1797~1848)
管弦楽メトロポリタン歌劇場管弦楽団  合 唱:         メトロポリタン歌劇場合唱団
指 揮:マルコ・アルミリアート 演 出:メアリー・ジマーマン
2009年2月7日 メトロポリタン歌劇場 METライブビューイング収録
ルチアMiss Lucia/Soprano(low bB to high C):アンナ・ネトレプコ 
エドガルドSir Edgardo di Ravenswood/Tenor(D to high bE):ピョートル・ベチャワ 
エンリーコLord Enrico Asthon/Baritone(low bB to high G):マリゥーシュ・クヴィエチェン
ライモンドRaimondo Bidebent/Bass(low#F to high#F):イルダール・アブドラザコフ 
アリッサAlisa/Mezzo(bE to high A):ミカエラ・マルテヌス アルトゥーロ:コリン・リー
ノルマンノNormnano/Tenor(E to high G):マイケル・マイヤーズ
『ランメリモールのルチア』は、あまり好きなオペラではない。話が、非現実的過ぎるし、安易であるからだ。
音楽も、いま一つ消化不良にさせる。この舞台は、一生懸命やっていたと思う。
しかし、オペラ自体があまりいいものでないので、ピンとこなかった

f:id:azaz11:20090126231334j:plain