読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

カリタ・マッティラ 『サロメ』 120

120、『サロメ』 2013/8/3  1905年ドレスデン宮廷歌劇場 初演 41歳

リヒャルト・シュトラウス(1864~1949
メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団  パトリック・サマーズ(指揮)  演出:ユルゲン・フリム
収録時期:2008年10月11日  収録場所:ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場(ライヴ)
カリタ・マッティラ(サロメ)  ユーハ・ウーシタロ(ヨハナーン)  イルディコ・コムロージ(ヘロディアス)
キム・べグリー(ヘロデ)  ジョゼフ・カイザー(ナラボート)、他
カリタ・マッティラの熱演がよかった。演技力も歌唱力も、またその表現力も凄みさえ感じた。
ただ、3つ残念なのは太りすぎていることと、髪をいじって直しすぎることと、最後の最後に音程を外したこと。それ以外は完璧。古代ユダヤの舞台でないのが残念だったが、マッティラが良すぎたので、許します。

f:id:azaz11:20130811155731j:plain