読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

若かりしドミンゴ 『ルイザ・ミラー』 123

123、『ルイザ・ミラー』 2013/8/4 
初演:1849年12月8日ナポリ  36歳

ジョゼッペ・ヴェルディ(1813~1901)
指揮:マゼール(ロリン)/演奏:コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
バス:ハウエル(グィン)/テノールドミンゴ(プラシド)/メッゾ・ソプラノ:オブラスツォワ(エレーナ)/
バス:ガンツァロッリ(ヴラディーミル)/バリトン:ブルソン(レナート)/
ソプラノ:リッチャレッリ(カーティア)/メッゾ・ソプラノ:ミッチェル(オードリー)
若いときのドミンゴの声。円熟した現在の声。どちらもいい。
素晴らしい歌手である。
しかし、このオペラは荒唐無稽なストーリーである。

 

f:id:azaz11:20130811155549j:plain