読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

『夜明け前』のすさまじい文体

島崎藤村の初期には、ややシャベリ過ぎ意気込み過ぎの、若気の至りの作品がある。

しかし、『千曲川のスケッチ』や『若菜集』を読めば分かるが、若いころから文章の叙情の可能性を分かっていた、そんな作家である。

叙情といえば、ノーベル賞作家 川端康成がいるが、島崎に比べると、一段下がるように思える。

その島崎の最高傑作と言えるのが、『夜明け前』である。

 

f:id:azaz11:20091111163802j:plain

主人公青山半蔵の半生を語った長い小説である。

幕末の時代の色合いや、木曽の日々の生活臭が、手にとるように、語られている。

その長短繰り返される文章は、さながら音楽のように縺れ絡み、その挙句にサラリと流れる。

その調べは決して甘ったらしくない。

当然、川端のようにメソメソしたもの、でもない。

サック、サックと、心地さえいい本物の文章。

ベートウベンの音楽に似ている。