読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

やり過ぎの『道化師』 129

 129、レオンカヴァッロ『道化師』全曲 2013/8/12 
初演:1892年5月21日/ミラノ・テアトロ・ダル・ヴェルメ/Teatro dal Verme, Milan

ルッジェーロ・レオンカヴァッロ(1857~1919)
カール・タナー(カニオ) クリスティンルイス(ネッダ) 
Dario Solari(トニオ) Francesco Marsiglia(ベッペ)
Orchestra and Choir of Teatro di San Carlo  2011年ライブ
演出:ダニエルフィンジパスカトリノオリンピック閉会式の総合演出を手掛けた人)
このオペラは1891年から翌年にかけて、5歳年下のマスカーニが1890年に発表した、「カヴァレリア・ルスティカーナ」に刺激されて、レオン=カヴァルロによって、台本執筆と作曲されたヴェリズモ・オペラの傑作である。

舞台が、懲りすぎ。それも、このオペラからの飛躍し過ぎた解釈で、懲りすぎ。
物語りの、ドロドロ感が出ていない。

過ぎたるは及ばざるが如し。ですから、よくない。カール・タナーと、クリスティン・ルイスは熱演であったが。

 

f:id:azaz11:20130816173753j:plain