読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

やはり語らないわけにはいかない『失われた時を求めて』

失われた時を求めて』の全巻を¥13000-ぐらいだったか、大学のコープで購入したのは、今から30年も前です。

大学時代、何度も挑戦しましたが、結局読み進めることができず、完読できたのは30代の後半だったと思います。半年かけて読みました。

ナポレオン3世・ウジェニー皇后時代のパリのスノッブな風物が、ヒステリックに長々と綴られた小説です。

これは、いい意味でのオネエ小説。

人類は、保存し鑑賞するに値するオネエ小説をまた一つ獲得しました。

 

ところで、僕個人が『失われた時を求めて』にどのように感想を持ったかというと、大小説だけに完読の充実を味わうことはでき、更に、一つ一つの情景やその表現(極端な皮肉と極端な賛美の表現)の面白さを、「これでもかぁ」っと、味わいましたが、なぜか気分は消化不良。

長大な大鳴り物入りの小説にしては、形而上学的なテーマが希薄過ぎることが理由のひとつ。

それと、やはり、原語で読まない(読めない)ので、文章の音の雰囲気が届かず中途半端だったのでしょうか?

 

日本人は、日本人の文学を味わうのが一番なのでしょうね。

f:id:azaz11:20130818212943j:plain