読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

アンナ・ネトレプコの『椿姫』  132

132、『椿姫 La Traviata』  2013/8/19 

ジョゼッペ・ヴェルディ(1813~1901)
ウィーン国立歌劇場合唱団  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団  指揮:カルロ・リッツィ  ザルツブルク音楽祭
アンナ・ネトレプコ(S)  ロランド・ヴィラゾン(T)  トーマス・ハンプソン(Br)
アンナ・ネトレプコ、オンステージの舞台であっただけに、彼女の淡白さが、仇にになっていたのではないだろうか?
並み居る歌手の一人として主演を演じるには最適は歌手であるが、ここまでオンステージになると、もう少しクセやアクが欲しくなる。

『椿姫』にありがちな、デコラティブな舞台ではなかっただけに、演技と歌に集中してしまい、ネトレプコが丸裸にされて、解剖されているようだった。

ラ・ボエーム』のミミでも思ったが、アンナ・ネトレプコは、健康優良児のように太っていて、ヴィオレッタねえ、これが、って、思う。

自分はマリア・カラスのライバル ティバルディのCDに耳が慣れていて、それがスタジオ録音の完璧な歌であったので、こと『椿姫』に関しては耳が肥えている。

厳しい評価で、ネトレプコ、可哀想だが、事実なのでねぇ。

 

 

f:id:azaz11:20130822050144j:plain