読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

練乳のような『トリスタンとイゾルデ Tristan und Isolde』  134

134、『トリスタンとイゾルデ Tristan und Isolde』  2013/8/22 
初演:1865年6月10日ミュンヘン宮廷劇場

リヒャルト・ワーグナー(1813~1883)

指揮:ロリン・マゼール バイエルン放送交響楽団

トリスタン:ジョン・フレドリック・ウェスト  イゾルデ:ヒルデガルド・ベーレンス 
マルケ王: マッティ・サルミネン  ブランケーネ:アン・マレイ
クルヴェナール:アラン・タイタス
ジェーン・イーグレン・メトロ・レヴァイン・の舞台より、数段よかった。衣装や舞台装置の時代感覚をさりげなく匂わせていた。特に、に2幕の湖面のよう床は、この湿っぽい楽劇にマッチしていた。3幕の、海の見える舞台も素敵だった。人物が、キックリ描き出されていて、誤魔化しもなかった。

マゼールの音もよかった。濃厚で、うねっていて、劇的で、陶酔感にむせ返っていた。
歌手がまたいい。
全員いい。
こんなに、非の打ち所のない舞台は、なかなかない。
絶叫と沈鬱、その緩急。カタルシスに満たされた一日を送れた。