読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ミゲル・デ・セルバンティスの『ドンキホーテ』

セルバンテスは、日本で言えば、戦国時代から江戸時代に移る頃と同時代の人である。
シェークスピアとも同時代の人で、同じ日に死んだと言われるが、それは間違っているらしい。
カトリックの暦(グレゴリオ暦)と、イギリスの暦は違うからだ。

 

ところで、セルバンテスが書いた畢生の大作『ドンキホーテ』であるが、
ボクは少し馬鹿にして読み始めた。
なぜか御伽噺の感覚を持っていたからである。

 

ところが、読み進めていくうちに、
「これは違う。何か偉大なモノを読んでいる気がする」と思い始めた。

 

主人公を襲う狂気の前提のもと、なんて捻った拘りが、
皮肉な語りぶりの中で、面白い奇想天外な物語として、すすんでいくのだろうかと、
ビックリした。

セルバンテスは、相当の知能を持った男であったと、想像できる物語である。
もっと突っ込めば、15世紀と言う大昔に、こんな偉大なセンスがあったのかと、驚かされる物語である。

f:id:azaz11:20130913072158j:plain