読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

マイブーム ラモー 『レ・パラダン(遍歴騎士)Les Paladins』 142

『レ・パラダン(遍歴騎士)Les Paladins』 142
ジャン=フィリップ・ラモー 仏 (1683~1764)
レザール・フロリサン(演奏)  ウィリアム・クリスティ(指揮)  振付:ジョゼ・モンタルヴォ、ドミニク・エルヴュ
演出:ジョゼ・モンタルヴォ  ライヴ収録: 2004年、パリ、シャトレ座: パリ音楽劇場
アティス:トピ・レティプー  アルジ:ステファニー・ドゥストラック  オルカン:ロラン・ナウリ   ネリーヌ:サンドリーヌ・ピオー アンセルム:ルネ・シレール  マント:フランソワ・ピオリーノ
ラモーが世に送った30作以上ものオペラのうち、その存命中に初演された最後の一作となった全3幕のコメディ・リリック『レ・パラダン』。76歳の筆とは思えない瑞々しい生気に溢れた、ウィット溢れるコミカルタッチの傑作です。

ヴェルディーも、モーツアルトも、プッチーニも、みんな最後のオペラは悲劇でない。最晩年の境地なのだろうか、これは。

f:id:azaz11:20130929115213j:plain