読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ラモー 『カストールとポリュックス Castor et Pollux』 147

『 カストールとポリュックス Castor et Pollux』
作曲:ジャン=フィルップ・ラモー Jean-Philippe Rameau(1683~1764)

初演:初稿版1737年10月24日、改訂版1754年6月8or11日、パリ/Paris,王立音楽アカデミー/Academie Royale de Musique
指揮:クリストフ・ルセ レ・タラン・リリク、ネーデルラント・オペラ合唱団 演出:ピエール・オーディ 装置・衣裳:パトリック・キンモント 照明:ジャン・カルマン 振付:アミール・フセインプール 2008年1月21、25日 ネーデルラント・オペラ―アムステルダム音楽劇場におけるライヴ収録

テライール:アンナ・マリア・パンツァレッラ フェベ:ヴェロニク・ジャンス クレオーヌ:ユディット・ヴァン・ワンロイ
カストール:フィンヌル・ビャルナソン ポリュックス:ヘンク・ネヴェン

ラモーにとって三番目のオペラ「カストールとポリュックス」。その類まれなる完成度の高さは、のちにドビュシーを感動させたといいます。

この舞台は、星座を意識したらしい、線が交差した背景がありました。ちょっと、抽象的すぎでした。

ラモーらしい、非常にきれいな音楽が、自然に流れているオペラでした。

バロックにありがちなとぎれとぎれ感が、ラモーにはないので、観ていて安心。

初演は不評だったとか。

1750年代のヨーロッパで巻き起こったブフォン論争において(フランスオペラとイタリアオペラの優劣についての論争)ラモーの作品はイタリアオペラ愛好家たちによって、フランスオペラ攻撃の矢面に立たされていた作品であったらしい。

1754年、ラモーは「カストールとポリュックス」の改訂版を発表した。

この改訂版はパリを熱狂させたらしい。

双子座の由来を語るギリシャ神話を題材とする作品です。

話自体は、お伽噺ですよ。

f:id:azaz11:20131006180935j:plain