読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ルードリッヒⅡを気取って『タンホイザー』

ワーグナー:『タンホイザー』全曲
リセウ大劇場交響楽団&合唱団 セバスチャン・ヴァイグレ(指揮)
演出:ロバート・カーセン  装置:ポール・スタインバーグ  衣装:コンスタンス・ホフマン  照明:ロバート・カーセン、ペーター・ヴァン・プラット
振付:フィリップ・ジロードー  収録時期:2008年3月
収録場所、バルセロナ、リセウ大劇場(ライヴ)

ペーター・ザイフェルト(T タンホイザー

ペトラ・マリア・シュニッツァー(S エリーザベト)
マルクス・アイヒェ(Br ヴォルフラム)
ベアトリス・ウリア=モンゾン(Ms ヴェーヌス)
ギュンター・グロイスベック(Bs ヘルマン)
ヴィセンテ・オンブエナ(T ワルター
ラウリ・ヴァサール(Br ビテロルフ)
フランシスコ・ヴァス(T ハインリヒ)
ヨハン・ティリ(Bs ランマール)
エリアナ・バヨン(S 牧童)

ヴィスコンティの『ルードリッヒ』を観ていたら、何度も『夕星(ゆうつづ)の歌』が流れて、否が応でも独特のメランコリックな気分になった。

この感情、すなわち、我儘が通らなくなった名家の御曹司のなれの果ての憂鬱が、ボクに乗り移ったかのよう。

乗り移られて、無性にタンホイザーが観たくなって、この舞台を鑑賞した。

タンホイザーを画家に設定した演出で、アッサリ目の演奏であった。

あまりよくなかった。
 
f:id:azaz11:20131112183415j:plain