読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

元旦に、観た、映画、二本

2014年の初日は、岡山で迎えた。 

岡山は、東京に比べたら、刺激は少なく、時間がいつまで経っても、減りません。

朝から、映画の日にかこつけ、暇に任せて、映画を二本、観てきました。

 f:id:azaz11:20140101180945j:plain       f:id:azaz11:20140101181018j:plain

田中光敏の監督の『利休にたずねよ』は、熊井啓の『本覚坊遺文』や、勅使河原宏の『利休』よりはよかったように思う。

ちゃんと、小田原征伐では、丸卓が使われていたし、桜も、染井吉野ではなかった。

意地悪くチェックしていてごめんなさいね。

市川海老蔵が、なんたっていい。

本当に、花のある役者である。

檀レイのネネもよかった。

ネネは多分、あのような冷酷な女であったと想像する。

 

三谷幸喜の『清州会議』もよかった。

松山ケンイチは、下手。それ以外は満足。

役所広司は、もの凄く演技が上手い。現在の役者の中では、ピカ一かと思う。

鈴木京香お市もよかった。

歴史考証もよく出来ていて、満足の作品であった。

蛇足だが、『清州会議』と、『利休にたずねよ』では、『清州会議』のほうが、ずっとよかった。