読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

久しぶりにオペラ 『ポーギーとベス』 152

Porgy and Bess』 

ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin(1898-1937)

初演:1935年9月ボストンのコロニアル劇場

ポーギー:ウイラード・ホワイト
ベス:シンシア・ヘイモン
クラウン :グレッグ・ベイカー
セリーナ:シンシア・クラーリ
クララ:ポーラ・イングラム

グラインドボーン音楽祭合唱団
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
サイモン・ラトル(指揮)

トレヴァー・ナン(演出)

映像収録:1992年11、12月、シェパートン・スタジオ、ロンドン
音声収録:1988年2月、アビー・ロード第1スタジオ、ロンドン

 

歴史に名を連ねたオペラ作品に較べると、サウンドとしての複雑さに、やや欠けていた。悪い訳ではないが、オペラとして聴くのは、偉大なるガーシュインに失礼ではないかと思った。

ラヴェル、ドビッシー、プーランクシェスタコーヴィッチや、ブリテンとは、明らかに違った方向のものであった。

何度も繰り返し、いろいろな舞台を観たいといったオペラではない。ボクには。

 

f:id:azaz11:20140130043451j:plain