読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

バーンスタインの『キャンディード Candide』 153

作曲:レナード・バーンスタイン/Leonard Bernstein(1918~1990)
原作:冒険諷刺譚「カンディード或いは楽天主義説/Candide, ou l'Optimisme」フランス語
  初演:旧版1956年12月1日,ブロードウェイ/Broadway,マーティン・ベック劇場/Martin Beck Theatre、
新版1973年12月ブルックリン/Brooklyn,ロバート・カルフィンズ・チェルシー・シアターセンター/Robert Kalfins Chelasea Theater Center
オペラ版(最終版):1988年5月17日グラスゴー

キャディード:ポール・グローブス

クネゴンデ:クリスティン・チェノウェス

指揮:マリーン・オールソップ

f:id:azaz11:20140213074410j:plain

演奏:ニューヨークフィルハーモニック

f:id:azaz11:20140213074345j:plain f:id:azaz11:20040506204611j:plain

 

ボクは観始めたら、とにかく、何であれ、最後まで見切らないと納得しない、奇特な人間なので、信条どおり最後まで観たが、一度で充分と思ったミュージカルオペラであった。

とにかく、バーンスタインの代表作の体験が出来た、その事実だけ。

それで、いい。

どこがいいのだろうか、この作品?

舞台は知らないけど、Symphonic Dances from West Side Story   は、素晴らしいのだけどね。