読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

○○年、聴き続けての、愛するクラッシク音楽 オペラ BEST 10

演奏家によって、音楽の『良し悪し』が左右されるのは、事実です。

ただ、ボクは、カタナカのややこしい聞きなれない名前を覚えるのが苦手である。

さらに追い打ちをかけるのが、ボクの面倒くさがる気質。

ややこしいカタカナの名前を、キリなく(次から次へ演奏家が出てくるからね)、追いかけることも大変疲れる。

演奏家に興味がないと言うか、演奏家にこだわることを、クラッシック音楽では避けている。

演奏家(や歌手)が音楽の『良し悪し』を左右すると言っても、宇治茶と狭山茶ほどの違いはないように思うんだよね。

さて、優れたオペラのBEST 10 を発表するね。

1位  『カヴァレリア ルスティカーナ』

2位  『ムチェンスク郡のマクベス夫人』

3位  『サロメ

4位  『タンホイザー

5位  『エレクトラ

6位  『死の家』

7位  『ラ ボエーム』

8位  『画家マティス

9位  『マクベス

10位 『オテロ』(ロッシーニ