読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

5代目 尾上菊之助の『弁天小僧』

 老いさらばえて、気持ちの悪い尾上菊五郎の弁天小僧の画像を、脳裏から払拭しようと思い、歌舞伎座の『二月花形歌舞伎』に行ってきた。

5代目菊之助、つまり菊五郎の御曹司の弁天小僧を観るためである。

f:id:azaz11:20140221160830j:plain

駄目だった。菊之助は。

三十路を越えた役者の弁天小僧には無理があることは承知の上。

その上で、期待したのだ。

しかし、あの肥満体。

役者根性があるのなら、ダイエットしろ、って思った。

お坊ちゃまで、子供が出来て幸せなのは分かるが、お家芸の本である。

もっと本気でブツカッテかかれよ、菊之助

立ち回りにもキレがない。不良少年の役だよ?、弁天小僧は。

楽しみにして、前から3番目の花道の横の席を取ったのに、金返せって思った。

f:id:azaz11:20140221161513j:plain

 

しかし、歌舞伎の化粧って遠目に映えるものなんだね。

間近に見上げて表情を見たが、まったく喜怒哀楽が読めなかった。

多分、遠い席からは様々に表情が観てとれた、だろうけどね・・・・・・。

 

役者が間近に見れる絶好のチャンスだったので、お得意のあら捜しをやった。

素足に草履履き。そこで水虫チェック!

一流役者の足の指にもツメにも、水虫はなかった。

大きな口て台詞まわし。すかさず、虫歯チェック!

高価な治療をしているのか、虫歯らしきものも、確認されなかった。

それと以外な発見。

女方をやる役者のツメにゆは、足にも手にも、肌色のマニュキュアがしてあった。

なぜだろうか?

 

ところで、ボクは尾上松緑が嫌いだった。

その理由は、彼の舌足らずさからだった。イライラするのだ。

『嫌いだった』と、過去形にしたのは、少しは、その舌足らずさがまともになっているからだ。

努力したのだろうが、褒めるほどのことはない。役者だから当然のことだ。

尾上松緑は、あるカテゴリーの役を演じるには、その風貌は最高である!

彼には頑張ってほしい。応援するよ。

松緑の顔は、好きではないけどね。