読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

暇があれば『大河ドラマ』

大河ドラマ』は、テレビドラマとしては、完成度が高いので、観るに堪えないといったものは、少ないと思います。

 

気まぐれな体質のボクなので、『大河ドラマ』をリアルタイムに放送していたとき、それを観たいと、必ずしも思う訳ではないのです。

 

面倒に思うことも多々、

裏番組の『日曜美術館』に惹かれることも多々、

別用に没頭することも多々。

 

ですから、観たいときに気安く手軽に、かつ、タダで観たいと言った願望をすべて満たしてくれるYouTubeや、FC2 などは、本当にありがたい媒体です。

以下に、簡単な感想を記載します。

炎立つ』は、前九年・後三年の2つの役を描いたところまでは、面白かったです。ただ、3部の秀平・泰衡に、義経が絡み平泉が滅亡していくところは、安っぽくていただけませんでした。

f:id:azaz11:20140808103852j:plain

真田太平記』は、池波正太郎の原作がいいためか、ワクワクの連続で、楽しめました。昌幸をやった丹波哲郎がよかったです。矢沢頼綱をやった加藤嘉も味がありました。

f:id:azaz11:20140808104003j:plain

獅子の時代』は、堺屋太一の原作がよかったです。

ストーリーの展開も、また人物の喜怒哀楽も、若干の設定の不自然さはありましたが、まあ、スムーズに受け入れることができました。

自由民権の運動のあたりから、展開に無理を感じました。

f:id:azaz11:20140808103924j:plain

武田信玄』演出のやりすぎです。

平幹二郎や、岸田今日子、などの素敵なはずの個性も、活かし切れていなかった。

菅原文 太の板垣信方が妙に安心感がいだけた。

全体的に、よくなかった。 

f:id:azaz11:20140808104306j:plain

 『風と雲と虹と

展開に、古い感じがする。

でも、古いドラマだから仕方ない。

今、ボクたちが観ている、現代の映画やドラマも10年も経たないうちに、古臭くなるのだ。

将門の乱の状況が、理解できた。

と言っても、鵜呑みにするほど、お単純なボクではありません。

f:id:azaz11:20150201095907j:plain