読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

2014年 大晦日

実家の母のもとで、今年も大晦日を迎えた。

中年、いや初老に近づいた息子でも、

手元でゴロゴロしているだけで、母性は活き活きと蘇るものだなぁと、

老母を見ていて、そんなふうに、思う。 

f:id:azaz11:20141231175825j:plain

 

f:id:azaz11:20141231174654j:plain

 

f:id:azaz11:20150101064606j:plain

 

 そんな大晦日。

ものすごいヒマ。

中央公論の『日本の歴史Ⅰ』を読み、

平凡社の『別冊太陽 料理』を読み、

川端の短編小説を読んだが、まだヒマ。

そんなヒマにまかせて、大嫌いな作家三島由紀夫を描いた映画『MISHIMA』を観た。

f:id:azaz11:20141231210114j:plain

監督 ポール・シュレイダー

若松孝二監督の作品より、いい。

実は、映画『MISHIMA』を観るのは二回目。

最初、観たときは、変な映画だと思った。その時は、三島は好きだった。

今回観たら、演出の面白さも際立っていて、映画を面白く感じた。

ただ、三島は嫌いな今である。

 

話は、突然変わるが、今年は、

仕事がまあまあ、面白かった。

 

しかし、その仕事をしている会社の業績は、悪かった。

ただ、大企業なので、危機感がない。

一つの企業が没落していく様や気配とはこんなものか。

没落する組織の中にいる人間の心理とは、こんなものか。

かつて、会社が右肩のぼりに成長している時もあった。

そんな時は、無秩序であった。

今、没落していく時、秩序は整然としており、それゆえ、

身動きとれなくなっている。

不思議なものだが、没落とはこんなものだろう。。。。。

いい勉強になるが、語る相手がいない。

 

また、突然話は変わるが、

2014年、おセックスしたのは、二人であった。

その二人は、ウリセンで、お買い物した。

やはりおセックスは、面白くなかった。

 

僕と同じこの年齢の人でも、

おセックスが面白いと、口にする人がいる。

やはり、よく彼らの気持ちは、

分からない。