読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

『黄金の日々』で感じた歌舞伎役者の演技

 

僕が観た中での話だが、歌舞伎役者がドラマや映画で、ナチュラルな演技をしようとしても、どうしても、梨園の変な癖が出る場合が多い。

そんな中で、割と、歌舞伎臭を出さないのが、市川海老蔵、先日他界した坂東三津五郎片岡仁左衛門。この辺りかなぁ〜。

『黄金の日々』は、大昔の大河ドラマ

そんなにいい内容ではない。

 

何より、メインの役者がよくない。

根津甚八:ボヤぁ〜、とした存在。メリハリもなく、嫌いだ。

川谷拓三:お得意のハニカミで、すぐ誤魔化す。

唐十郎状況劇場での演技そのもの。観てられない!

そして、主演の、

松本幸四郎:もともと大根役者。歌舞伎もよくない。ドラマの演技も最低。

      『毛利元就』の中村橋之助ほど、歌舞伎の演技で誤魔化してはいなかっ

      たが、間の取り方とかが、特に最低。

そういえば、ちらりと松本白鸚も顔を覗かしていたが、この演技が、もう最悪だった。

f:id:azaz11:20150324060220j:plain