読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

大河ドラマ

北条時宗』和泉元が嫌いなので、見ることを避けていた。やはり、好きになれなかった。下手だしね。まあ、この『北条時宗』に出ていた頃は、そこそこ、一生懸命さもあり、今ほど嫌悪感はおきなかったけど。

ただ、ドラマ自体はよかった。鎌倉中期の幕府の様子がよく分かった。

御家人と御内人の格差なども、勉強になった

f:id:azaz11:20151213051427j:plain

功名が辻』と『利家とまつ』は、まあまあ。

f:id:azaz11:20151213051317j:plain

f:id:azaz11:20151213051329j:plain

 『葵』は、よかった。関が原の合戦など、時系列的に整理されて、時空をうまく捕らえて、表現できていた。大河ドラマでも、最高傑作かも。特に、津川の家康はよかった。

f:id:azaz11:20150707053351j:plain

 翔ぶが如く』では、主人公の西郷隆盛の、複雑な人間性をもっとリアルに描いて欲しかった。あの西郷は、もっとしたたかな計算高い男であったはず。原作者の司馬遼太郎の作品は、あまり好きではない。

f:id:azaz11:20150707053405j:plain

『信長』。まあまあか。

f:id:azaz11:20150707053417j:plain

義経

過去の英雄は、もっとリアルに醜く描いて欲しい。

義経が、こんなに、ヒューマニズムの塊であるはずがない。

f:id:azaz11:20150707053433j:plain

『竜馬伝』。意外とよかった。岩崎弥太郎には、もっと竜馬の複雑さを語ってほしかったが。。。。

f:id:azaz11:20150707053444j:plain