読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

デレク ジャーマン

デレク ジャーマンの映画。

この監督の名前を耳にするだけで、29歳の頃のボクに戻る。

確か、19歳の東大生と付き合っていたなぁ。

一番面白かったと記憶している『エダワード2世』は今回、観れなかった。

 

f:id:azaz11:20151213051707j:plain

 

『カラヴァッジョ』は。

今回、改めて観たが、いい。

パゾリーニ『デカメロン』に似ていた(『デカメロン』はジョットーだけど)が、もっと主人公がジックり描かれていた。

雰囲気もいい。

f:id:azaz11:20151213051643j:plain

 

『セバスチャン』も、いい。29歳の時には、あまり感心しなかったのですがね。

付き合っていた東大生は、外センと言うこともあって、凄いエロチックって、言っていた。

今回、観て、本当だ!、と思った。

f:id:azaz11:20151213051718p:plain

 

ヴィトゲンシュタイン』は、いただけなかった。

ジャーマンは、無理してこの哲学者の映画を作った、そんな感じだ。

f:id:azaz11:20151213051656j:plain

 

東大生と、当時、デレク ジャーマンの映画を観るために、

何度、渋谷の地下の映画館に行ったことか!

『ブルー』なんて言う、訳の分からない映画も観た、なぁ。

途中、寝たけどね!