読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

久々にオペラ ラフマニノフ『アレコ』 ベルク:歌劇『ヴォツェック』全曲 154 155

久々に、オペラを見た。

まず、ラフマニノフの『アレコ』を鑑賞した。

しかし、中途半端なオペラであった。『エフゲニー オネーギン』に似ていたが、非。

ラフマニノフ20歳の若年作品であるからかもしれないが、チャイコフスキーとの力量の差が歴然。

ただ、24歳でシェスタコービッチは、『ムツェンスク郡のマクベス夫人』を書いたからね。

『アレコ』は、ヴェリズモ オペラとしても、消化不良気味。

そんなムカムカ感を払拭しようと、『ヴォチェック』を見た。

これぐらいの長さのオペラはいい。(『アレコ』も短かったけど)

『ヴォチェック』は、いい作品である。フランツ・グルントヘーバー ヒルデガルト・ベーレンス は、この作品らしいいい人物の雰囲気を出していた。

演出も演奏も、よかった。

f:id:azaz11:20160203061717j:plain


フランツ・グルントヘーバー
ヒルデガルト・ベーレンス
フィリップ・ラングリッジ
ハインツ・ツェドニク
オーゲ・ハウグランド
、他
ウィーン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
クラウディオ・アバド
(指揮)