読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

カラヴァッジョを見に行った

 デレク・ジャーマンの映画で、ガラヴァッジョの名を知った。

今から25年前のことだ。

正直、当時、ボクのオツムは、あの巣晴らし映画を消化することが、できなかった。

閑話休題

(本物が来ていることを信じての話だが)実物のガラヴァッジョを目の当たりにした。残された数が少ない、画家の作品である

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(: Michelangelo Merisi da Caravaggio1571年9月28日 - 1610年7月18日)の作品は、

約60点が、確認できるそうだ。

そのうち、この展覧会は 11点の展示。凄いかも。

寡作の画家作品は、寡作だという希少性が錯覚させるのか、なぜかいい。

ダ・ビンチ、10数点。

フェルメール、30数点。

また、閑話休題

今回来ていたのは、馴染みの深い、よく目にする作品ばかり。(これでは、偽物と疑わないほうが馬鹿かも)

果物籠を持つ少年と、最近発見された『マグダラのマリア』の2作品が、特によかった。

f:id:azaz11:20160326212154j:plain f:id:azaz11:20160326212203j:plain

 

画面を、ナメクジが這っていても不思議はないような、ジメジメとした暗い雰囲気。

チラッと見え隠れるする、狂気の匕首の輝きの音が、聴こえてきそうだった。

すさまじい、天才。

この画家は、偉大だ!