読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ブリテン『ベニスに死す』 160

  • アッシェンバッハ…ハンス・シェプフリン
  • 旅人、他………スコット・ヘンドリックス
  • アポロの声…………………カルロス・メナ
  • 旅行窓口の英国人受付…リー・メルローズ
  • ヴェネツィアのガイド…リー・メルローズ
  • タジオ………………………ウリ・キルシュ 
  • 物乞いの女…クラウディア・シュナイダー 
  • ポーター………………ジョゼップ・ルイス
  • 刺繍売り……………ファビオラ・マジーノ 
  • 給仕………………エンリク・マルティネス 
  • 物売り……………ベゴニャ・アルベルディ 

 

  • 指揮…………セバスティアン・ヴァイグレ 
  • リセウ劇場オーケストラ 合唱団
  • 演出…‥‥‥ヴィリー・デッカー 
  • 美術…ヴォルフガング・グスマン
  • 衣装…ヴォルフガング・グスマン 
  • 照明……ハンス・テールステーデ 
  • 振付………アトール・ファーマー 

劇場での『ベニスに死す』。

ブリテンの音は、海の臭いがして、この本によくあっている。

日本風(と言うか日本音を真似た)の旋律が、初老の男の、研ぎ澄まされた感性と自負、と、美と若さへの劣等感と敗北感という、屈折した両面をよく描写していた。

タジュは、もう少し美少年を使うべき!