読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

期待外れの『クラナッハ展』

クラナッハ

f:id:azaz11:20170122174325j:plain

ボクは、クラーナハという文字面で記憶していた。

「ッ」の促音のイメージより、「-」の棒引きの見た目のほうが、この画家の画風には、似合っていると、勝手に思うのだが。。。。。

実は、ボク、この画家のことが、高校生の頃から気になっていた。

教科書に載っていた『ルター』の肖像画のせいだ。

あの沈鬱な、冷たく、息を殺したような静謐う画風が、気になってしょうがなかったのだ。

明らかに、南のボッテチェリのヴィーナスとは異質な絵。ボクは、クラーナハから、ゲルマンの几帳面さを感じ取っていた。

さて、ではこの展覧会、いや(本物が来ているとしてだが)絵がどうであったかである。

割と、よくなかった。

画集で鑑賞したほうがいい画家の一人だ、クラーナハは。