読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

メトロ 『ローエングリン』 9

9、『ローエングリン』 2012/12/31 1850年初演 35歳

 

リヒャルト・ワーグナー(1813~1883)
エルザ:エヴァ・マルトン(S) ローエングリン:ペーター・ホフマン(T) ジョン・マカーディ(Bs) オルトルード:レオニー・リザネク 

 

1986年のメトロポリタン歌劇場でのライヴ収録 演出:アウヴスト・エヴァーディング 
ジェイムズ・レヴァイン指揮 メトロポリタン歌劇場管弦楽団メトロポリタン歌劇場合唱団

これはいい舞台であった。
ローエングリン』って楽劇は濃厚。音と声が、これでもかぁ!と重なりあい、凄い、特に二幕。いいと思う。