読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

フィレンツェ五月祭  『タンクレディ Tancredi』(悲劇版・全2幕) 61

61、『タンクレディ Tancredi 』(悲劇版・全2幕)  2013/3/24   1813年初演 21歳

初演:1813年2月6日ヴェネツィアフェニーチェ劇場

ジョアキーノ・ロッシーニ(1792~1868)
フィレンツェ五月祭管弦楽団&合唱団  リッカルド・フリッツァ(指揮)  演出:ピエール・ルイージ・ピッツィ
収録時期:2005年10月21日  収録場所:フィレンツェ歌劇場(ライヴ)
ダニエラ・バルチェッローナ(タンクレディ)  ラウル・ヒメネス(アルジーリオ)  マルコ・スポッティ(オルバッツァーノ)

ダリナ・タコヴァ(アメナイーデ)  バルバラ・ディ・カストリ(イザウラ)  ニコラ・マルケジーニ(ロッジェーロ)、他

f:id:azaz11:20160615061413j:plain

男装のアルト歌手が主人公です。ボクは、女性が男性を歌うオペラがあまり好きではありません。
ですから、フィガロも薔薇の騎士も、その部分では好きではないのです。
オテロのような粘着性に欠けているところが、悲劇らしくなかったためか、あまりピンときませんでした。