読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

レヴァイン メトロ キリ・テ・カナワ 『薔薇の騎士』 4

4、『薔薇の騎士』 2012/12/24  
1911年ドレスデン宮廷歌劇場(ゼンパー・オパー)初演 46歳

リヒャルト・シュトラウス(1864~1949)
オクタヴィアン伯爵 … アン・ハウエルズ 元帥夫人 … キリ・テ・カナワ オックス男爵 … オーゲ・ハウグランド
ゾフィーバーバラ・ボニー フーゴ・フォン・ホーフマンスタール(台本)
ジェイムズ・レヴァイン指揮 オットー・シェンク演出 メトロポリタン歌劇場1982年

f:id:azaz11:20160620192224j:plain

さすがメトロの舞台であった。キリ・テ・カナワは元帥婦人をするために生まれたよう。オクタビアンがギラギラし過ぎ。二幕の舞台演出は嫌い

しかし、陶酔的なメロディーです。
特に薔薇のモティーフは凄い。死ぬまでこのメロディーを耳にしていたい。嗚呼、何と官能的で甘味な旋律であろうか!